この度、当社では、新工場 及び QA & QC テクニカルセンター を建設することといたしましたのでご案内いたします。

新工場は、最新の製造設備を備え、GMPは基よりPIC/S(医薬品査察協定および医薬品査察協同スキーム)により求められる高度な国際基準にも適合いたします。
また、平成25年4月に厚生労働省より公表された「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」に伴い予測される後発医薬品の需要増加に対しても、新工場の設立により対応し、より高品質かつ安定的な供給を実現してまいります。
新工場は、平成26年2月に起工、同12月に竣工の予定です。
私共は独自の技術と設備により時代にあったニーズに応えるべく、国内はもとより海外へも全社を挙げて努力を重ねてまいります。

■建設概要
  所在地  静岡県富士宮市南陵7
 敷地面積 約26,600㎡
 投資額  約50億円
 起工  2014年2月4日
 竣工  2014年12月(予定)

≪富士山工場≫
 建築面積 約3,300㎡
 延床面積 約6,500㎡
 構  造 鉄骨造 2階建て

≪QA&QC テクニカルセンター≫
 建築面積 約600㎡
 延床面積 約1,200㎡
 構  造 鉄骨造 2階建て

■完成予想図
hujisan plant

東洋カプセルのホームページをご覧いただきありがとうございます。
この度、新コンテンツ『技術情報』を公開いたしました。
新コンテンツでは、東洋カプセルの技術研究・研究実績についてご紹介しております。
従来より公開しておりました「学会発表」「論文発表」「特許情報」及び「活動状況」に関する情報もこちらからご覧になれます。
どうぞご利用下さいますようお願いいたします。

 2013年5月20日~6月5日、当社は昭和大学 薬学部において講義・実習の指導を行いました。

◎講義名:製剤化のサイエンス ーカプセル剤を学ぶー
◎場 所:昭和大学 薬学部

詳細については、後日掲載いたします。

201305 showauniversity-1 201305 showauniversity-2 201305 showauniversity-3
     
201305 showauniversity-4 201305 showauniversity-5 201305 showauniversity-6
     
201305 showauniversity-9 201305 showauniversity-10 201305 showauniversity-11

2012年10月に東京で開催される「第39回日本小児臨床薬理学会学術集会」にて、下記の演題の発表及び企業展示を予定しております。
ご聴講・お立ち寄りいただけましたら幸甚に存じます。

【第39回日本小児臨床薬理学会学術集会(東京)】
◎日 程:2012年10月5日(金)~10月6日(土)
◎会 場:京王プラザホテル
     (〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1)
◎URL:http://jsdpt39.org/

【演題発表】
◎講演会場:南館4階 扇
◎発表日時:10月5日(金) 14:30~14:40
◎演  題:「小児患者に適したカンデサルタンシレキセチル粒子状製剤の開発」
       (遠藤 隆浩)

【企業展示】
◎展示会場:南館4 階 扇「ホワイエ」
◎展示内容:小児用に適した製剤のご紹介

本件に関するお問い合わせ
製剤研究部 遠藤 隆浩
TEL:0544-25-9511

2012年10月に新潟で開催される「第22回日本医療薬学会年会」への参加及び下記の演題の発表を予定しております。
ご聴講いただけましたら幸甚に存じます。

【第22回日本医療薬学会年会(新潟)】
◎日 程:2012年10月27日(土)~10月28日(日)
◎会 場:朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)
     ホテル日航新潟
◎URL:http://22jsphcs.org/

【演題発表日時】
◎会場:朱鷺メッセ・展示ホール(ウェーブマーケット)
◎演題:
1.「軟カプセル剤の簡易懸濁法における有効成分の残留の改善」
   (吉野愛、高橋雅人、倉田なおみ 、中村明弘
  発表日時:10月28日(日) 13:20~14:20

2.「軟カプセル剤の簡易懸濁法 (第二報)」
   (加藤真梨子、吉野愛 、高橋雅人 、倉田なおみ、中村明弘
  発表日時:10月28日(日) 13:20~14:20

  1:東洋カプセル株式会社 研究所 2:昭和大学 薬学部 薬物療法学講座 薬剤学部門

本件に関するお問い合わせ
製剤研究部 吉野 愛
TEL:0544-25-9511

 下線部:2012年8月22日更新

2012年8月に北海道で開催される「第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会」への参加及び下記の演題の発表を予定しております。
ご聴講いただけましたら幸甚に存じます。

【第17回・第18回共催 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会(北海道)】
◎日 程:2012年8月31日(金)~9月1日(土)
◎会 場:札幌市教育文化会館
     さっぽろ芸文館ホール
     ロイトン札幌
     札幌プリンスホテル国際館パミール
◎URL:http://www.cs-oto.com/jsdr2011/

【演題発表日時】
◎会場:ロイトン札幌
◎演題:「高用量錠剤(セベラマー塩酸塩錠)の服薬補助担体による服薬改善」
     (遠藤隆浩, 高橋雅人
 発表日時:2012年9月1日(土) 8:35~9:10

本件に関するお問い合わせ
製剤研究部 遠藤 隆浩
TEL:0544-25-9511

toyocap top logo

本社工場
〒418-0046
静岡県富士宮市中里東町560
Tel:0544-26-3682 Fax:0544-26-8518

 

Website

Back to top